ウーマン

将来安泰の収益物件を手に入れたい|リスクを承知で挑戦

安定したインカムゲイン

紙幣

リスクを把握して経営する

どのような投資にもリスクは必ず存在しており、いかにうまくリスクと付き合えるかが成功のポイントです。これは収益物件でも同じであり、リスク常に注意を払って運用をすることで、手堅い収益を継続的に得る近道になります。収益物件のリスクとして気をつけたいのが、まず空室リスクです。住居系やオフィス系など、物件の種類を問わずに空室がある程度生じるのは避けられないのが常識です。そのため事前に空室率を予測して、空室が存在しても収益が上がるように運営するのがポイントです。また金利上昇リスクも収益物件の運用では見積もっておく必要があります。超低金利時代が長く続いているとはいえ、それが今後も長く続く保証もないので、金利上昇による借入金の返済額の変動は考慮しておきたいリスクの1つです。

アパートやテナントが該当

毎月一定の賃料の収入が得られる不動産を収益物件と言います。つまりマンションやアパート、契約駐車場、さらにはビルのテナントなども収益物件に該当します。収益物件の特徴は、何よりもまず安定した収益を継続的に得られる点が大きく注目されます。このように継続して得られる賃貸収入を金融用語でインカムゲインとも言い、上手に不動産経営を続けることで生涯に渡って収益を得られるのが魅力です。安定した収益だけでなく、収益物件は利回りという点からも優れています。物件の種類によっても異なりますが、利回りはアパートのような住居系ならば5%前後、事務所系は6%、テナント系ならば7%前後が相場とされています。特に住居系の収益物件は、空室のリスクが小さい点が特徴です。

留守宅を貸し出すメリット

内観

リロケーションは留守宅を賃貸物件として貸し出し収入を得られるということ以外にも、部屋の傷みを防いだり、防犯対策になったりと利用する上でメリットとなる点が多くあります。こうしたメリットの多さからリロケーションを利用する方は年々増えています。

もっと詳しく

エリアや環境によって違い

硬貨

家賃相場はエリアや築年数、物件の条件などによって決まります。このため、都心部の人気エリアは家賃相場が上昇する傾向があります。しかしながら、人気エリアであっても、駅からの距離や築年数にこだわらなければ希望のエリアに住むことも可能です。

もっと詳しく

新しい不動産投資方法

説明

不動産投資のデメリットは時価や手間暇がかかることです。サブリースはこのような手間暇を専門の管理会社が一括して請け負う仕組みになっている為、オーナーに負担がかかりにくくなっている特長があります。サラリーマンでも気軽に投資できるのです。

もっと詳しく